トップ講演 > 子供の育成講座

子供の育成講座

対象聴衆:
0歳児~年長児の親 その祖父母

後悔しない!失敗しない子育て! 0歳から始まる子育て

しつけは年齢に応じて必要、不必要な項目があります。 「乳幼児のしつけは人間の基礎教育期間です。」 就学前のルールやマナーのしつけは、時期尚早です。

最優先なことは、「わがままの抑制」です。これを0歳から開始すると、様々なシーンで子育てが楽になります。しかし、まだまだかわいらしさが優先し、深刻な悩みや問題が起きないため、多くの親はついついおざなりになってしまいがちです。他にも乳児期から開始してほしい子育て項目があります。これらを実践していくことによって、修学前に子育ての基礎が終了できます。この基礎が身についていると、以降は、子供に対しては、ピンポイントで、アドバイスやサポートするだけで良いのです。つまり、必要以上な小言や叱責が激減し、常に子供との良い関係が維持できます。

対象聴衆:
子供を持つ親~育成関係者

プラス式子育て法! 子供の褒め方・叱り方

親や教師の威厳や縦社会が崩れつつある昨今です。豊かな時代になり、戦後の画一的なミリタリー文化が薄れ、死活感が持てない事もその理由の一つです。 その上、インターネットやメディア情報で「頭でっかちになった子供」に対し、叱ったり、押さえつけたりしても効果が出にくいのです。子供の行動や言動の一つひとつを正す指摘教育よりも、長所や少しの変化を見逃さない、常に褒める「プラス教育」が自信力を高め自分力が高まり、効果的です。それが時代背景に沿う教育だからです。

それによって
◎やる気が湧き
◎親・教師・子供の信頼関係が育つのです。
この良好な関係こそ育成効果が高まり、それがないと困難となりがちです。
叱り方にも基本原則があり
◎いつ
◎どんなタイミングで
◎どの様な叱り方をすると良いのか?
◎叱った後は即座に雰囲気を修正する事も重要です。
子供の褒め方叱り方、その理由や効果の論理を会得できると、子供のコントロールが容易になり、子供との関係がスムーズになります。

対象聴衆:
出産前~子供を待つ親

子育ての不安が解消し自信が付く! 『プロの親』セミナー

今時の親の最も危険な子育てが「過干渉」つまり、かまい過ぎです。これによって、子供自身の自立・自活・自己表現力を損なわせているのです。
また「求める愛と押しつけ愛」の区別や「褒め方・叱り方」なども解ります。子育てには「五原則と五禁則」があります。
その他にも、「お金を掛けない手間掛けない」や『大なり小なりのタブー』など子育ての重要なキーワードをもとに具体例を聞きながら解りやすく習得します。
講演終了後には、自分流の子育ての目的と目標が明確になり、様々なシーンでの悩みや問題解決できる『プロの親』としての自信が身に付きます。

対象聴衆:
0歳児~高校生の親

学力スキル!
Better コーチング

子供の学力や才能を伸ばす最も効果的なコーチング法は、モチベーションを高め、維持することです。これを成功させるためには、「称賛」「共鳴共感」「分かち合い」や「0回のYESと1回のNO」などのキーワードが有ります。
人間の能力と遺伝子との関係は未だ不透明です。親が優秀な子供の学力が高いとは限りません。学力は家庭内に於ける学習環境が最も大きく影響するからです。
そのが解ると、子供が学習を楽しめるようになり、結果的に自然と子供の学力や才能が高まり輝き出すのです。

対象聴衆:
子供を持つ親~育成関係者

自己表現力・自信力を育て自分力を育てる! 子供の個性を生かす教育

欧米の子供達は日本の子供達と比較すると、自己表現力や自信力が高い傾向にあります。
意識比較調査では、「自分は周囲に必要とされている?」「自分は価値がある?」などの回答比率も、日本の子供達に比べ断然高いのです。

人間の性格は千差万別ですが、生まれながらのシャイな性格(恥ずかしがり屋)なんてありません。しかし日本人は幼児期から、親や周囲がその屈託のなさを制御する傾向が強く、いわゆる道徳マナー主導型教育と言えるでしょう。しかしそれによって知らず知らずに自己表現力を制御し個性をつぶしてしまうのです。子供の長所や資質を発見し、褒めてあげると子供が自信を持ち、すくすく伸びます。子供を学力だけでなく社会で通用する人間力を育てるための個性を重視した教育の効果や必要性が解ります。

対象聴衆:
全ての親~育成関係者

『やりたい事と出来ること』を探そう! 誰もが人生の正解者になれる!

子供の幸せを願う親の気持ちは誰もが同じです。でも、幸せ感は人によってみな違います。
実社会に出た我が子が、
◎親の世話にならずに、自立し自活し
◎仕事を楽しめたら
◎心にゆとりが持て、家庭が円満になります。
まさに、人生の正解者ではないでしょうか。そうなれる子育てが解ります。

対象聴衆:
0歳児~子育て中の親御さん

「うちの子に限って?」にならない子育て! 不登校・二ートにならない子育て

不登校はニートや引きこもりの初期現象として見のがせません。
またニートには、「飽食時代の副産物型ニート」と、「人間交流拒絶症型ニート」の二つのタイプがあります。いずれも親の刷り込み(育て方)関わり方で回避できます。特に後者は、メンタル障害と深く関わっています。
いつ誰の子が、その様になるとも限りません。「うちの子が・・・」にならないためにも是非逃せない講座です。

対象聴衆:
全ての親~育成関係者

オープンな教育と親の愛情で防げる?! 非行・犯罪・ドラッグ・エイズ回避育成法

非行・犯罪・ドラッグなど予期せぬ子供の変化は、決して偶発的ではありません。
それらは、子供の深層心理に様々な親の刷り込み(育成)の「」が蓄積して起きるのです。
様々な要因を検証し
◎そうならない子育て
◎親子の関わり方
これらの注意点を知ることで、回避率が高まります。
またエイズや未計画な妊娠などへの意識は、幼児期からの段階を追った性教育が必要です。

対象聴衆:
社会人全般

人間交流力がメンタル障害の危機を脱出! メンタル障害(疾患)から守る

鬱・引きこもり・更年期障害・摂食障害・DV・PTSDなどメンタル疾患は、90%以上が親の刷り込み(幼少期からの教育)が要因です。
つまり、育成環境や親子関係が大きく影響する、と言っても過言ではありません。またどの様な育成が、メンタル疾患を引き起こす可能性が有るのかなどを知ることが出来ます。
そして子供のメンタルを壊さない育成が出来るようになります。

対象聴衆:
幼児~中学期の親

いじめない!いじめられない!子育て! 「いじめ」問題解消講座

「いじめられる子供」「いじめる子供」にならない育て方や、その対策や対応を具体的に習得してゆきます。同時に、学校との連携方法なども解ります。いじめの問題の背景や原因も理解でき、そうならない、そうさせない子育てができます。

対象聴衆:
幼児~大学生~その親

自分で決めたなら、壁を超えられる! 進学進路の指導法

進路問題は受験が近づいてからでは、子供自身では決断が出来ません。
進学は就職とリンクさせ、低学年期から意識的に「将来どんな職業に就きたいか、どんな事をしたいのか」などの話題を日常会話に織り込んで行く事が大切です。そのためには、子供の個性や得手不得手を見いだし、導いていく事も重要です。
人間が社会で生きぬくために、学校での学習や、体験活動を通して自分の『やりたい事と出来ること』を発見する必要性を教えるのです。

◆何のために今があるのか?
◆何のために勉強するのか?
◆なぜ進学するのか?   

これによって、子供の意識改革が起きます。その際に、決して親の価値観を押し付けるのではなく、親の経験から客観的に現実や実態をアドバイスすることが必要です。
低学年期~中学年期~高学年期といったように、年齢に応じて教えていくと、進路選択期に自分で決断出来るようになるのです。
このように、自己決定出来るか否かで、以降の挫折や壁を乗り越えるパワーに大きな差が出ます。
自分らしい未来へ前進できるパワーを子供に身につけさせるための、親の育成テクニックを習得します。

お問い合わせ:0800-200-1232

★料金・時間・期間などその場でお答え致します。

★カウンセリングの方法などの質問に具体的に回答いたします。

メールでのお問合せはこちら